じゅえりーいはらブログ

 
じゅえりーいはらジュエリー職人の日々
21621プラチナマベパールペンダントオーダーリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」マベパールとダイヤルースをペンダントにリフォームさせていただきました。このペンダントはプラチナを溶かして伸ばして丸めて手作りで製作しました。これからはジュエリーの世界でもパソコンを使って原型を製作し鋳造して作るようになることも多くなるでしょう。時代に合わせて我々も変化していかねばなりません。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。オーダーペンダントリフォーム→j-ihara.jp/newpage147.htm

21592プラチナオーダーブローチ
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」ガラス工芸作家さんの作られたモチーフにプラチナで枠を巻きブローチにオーダー加工させていただきました。モチーフにそっと寄り添うようにひっそりまるで空気のような枠を作りブローチを製作しました。ブローチの大きさからプラチナの重量を算出しどれくらいの重量になるのか、計算し見積もりする過程が加工前のメモには書かれています。素敵なブローチを作らせていただきました。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。ブローチリフォーム→j-ihara.jp/newpage150.htm

21575オパールオーダーペンダントリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」お父さま使っていらした5つのネクタイピンをペンダントにリフォームさせていただきました。お客さまのスケッチをもとにオパールを配石しました。思い出のジュエリーを受け継いでいくジュエリーへとリフォームさせていただきました。ありがとうございます。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。ペンダントリフォーム→
j-ihara.jp//newpage147.htm

21553プラチナカルトゥーシュオーダーペンダント
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」プラチナカルトゥーシュ(エジプト文字のひとつだそうです)オーダーペンダントを作らせていただきました。上の写真 見本でお預かりした18金のほうにはみちこと書かれているそうです。プラチナで作るほうにはひとみと書いて入れます。学生の頃は勉強がイヤでイヤでしかたありませんでしたが、仕事となれば苦になりません。不思議です。下の写真にはクレオパトラと書かれているそうです。このような重量のある地金ものの見積もりはなかなか大変で、仕上がってから、重くなりすぎてしまった!と言うことが多いので、毎回勉強です。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。オーダーコインペンダント→j-ihara.jp/newpage147.htm

21494ダイヤオーダーリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」ずっと使っていなかった豪華なダイヤペンダントを2本の指輪にリフォームさせていただきました。品質のいいとてもキレイなダイヤモンド。1本はシンプルに日常使いできるデザイン。もう1本は幅広でツブツブのミル打ち加工を施したピンクゴールドもあしらったとても手の込んだデザインです。画竜点睛を欠くと言う言葉の通りの通りこのミル打ちは一番最後に一粒一粒リズミカルに入れていきます。職人の腕の良し悪しで粒の膨らみぐわいがまるで変わってきます。彫り職人が行う最後の石留めや、ミル打ちがオーダーリフォームの出来栄えを大きく左右します。彫り職人を怒らせるといつまで経ってもジュエリーが出来上がってこない(困)と言うことになりますので、腕のいい職人さんほどとても怖い存在になるのです。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。ダイヤオーダーリフォーム→j-ihara.jp/newpage142.htm

21492ダイヤオーダーリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」立て爪ダイヤとダイヤ一文字リングをあわせてオーダーリフォームさせていただきました。5石一文字ダイヤリングに3石足して豪華にするリフォームです。今回この5石リングのダイヤ、採寸すると0.15ct3.5ミリでほぼ同じ大きさでした。(一文字リングはたいがい真ん中の石が大きいのですが。)なので石座をCADで作って製作することになりました。ダイヤ屋さんで3石ダイヤを合わせてもらって、枠を製作し、いざ石留めとなると合わせたダイヤが入りずらい。なんでかな?と採寸すると3.6ミリのダイヤでした。ダイヤ目方での取引なので、ダイヤ屋さんの大きさの分類は0.1ctであれば10石で1ctなので10%(パー)0.05ctであれば20石で1ctなので20%というすこしおおざっぱなもの。なぜなら0.1ミリ単位で売ると特定のサイズが残るので・・・と。こちらはせっかくキャドで0.1ミリ単位で合わせて作って石留めもきちんとできるのに〜という微妙な齟齬がありましたが、みんなでチカラをあわせてキレイな指輪を作らせていただきました。ダイヤオーダーリフォーム→j-ihara.jp/newpage135.htm

21476立て爪ダイヤと一文字ダイヤオーダーリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」立て爪ダイヤ指輪と一文字ダイヤリングを合わせてリフォームさせていただきました。古い指輪を持ってご来店いただきまして、2本の指輪でどんなデザインが出来るのかしら?との疑問でした。店に備え付けの過去作らしていただきました立て爪と一文字のビフォアフター写真集よりこれがいいと選んでいただきました。30数年前の高品質なダイヤモンドとプラチナと余すことなく、毎日使える引っ掛かりのないフラットなデザインにリフォームさせていただきました。お孫さまをダッコされるときも安心ですね!ありがとうございます。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。立て爪ダイヤと一文字ダイヤオーダーリフォーム→http://j-ihara.jp/newpage149.htm

21385ダイヤ2本をあわせてオーダーリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」ダイヤリングとダイヤプチネックレスをあわせて指輪にリフォームさせていただきました。こういう困難なリフォームが得意です!(狂?)お客さまのダイヤを一緒に並び替えてああでもないこうでもないと配石します。基本的な配置が決まったら、幅は?爪は?細く?くっつける?などラフ画を描いてお見積もりします。その後、詳細なデザイン画を起しまして製作に取り掛かります。昔のダイヤは高品質なダイヤが多く、繊細ながらもしっかりした、オンリーワンなダイヤリングに生まれ変わりました!あなたのジュエリーのお悩みを解決します。2本あわせてオーダーリフォーム→http://j-ihara.jp/newpage135.htm

21431ピンクダイヤピアスオーダーリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」ピンクダイヤルース(裸石)からピアスをオーダーリフォームさせていただきました。真ん中にピンクダイヤ、周りに小さなダイヤを彫り留めして仕上げました。何気ないデザインですが、このようなデザインこそ腕のいいダイヤを石留めする(石留め)彫留職人の腕が光ります。腕のいいと石留めってなんだろう?石の留め方が均質で整っていて主張しない。ナナコの痕(石を留める丸いチョボ)が球体になっていて大きさが均一である。タガネ(金属を彫る彫刻刀)の彫り痕が均整が取れていて美しい。等のむらっけなく過不足ない仕事が腕のいい石留めなのかなぁ。とっても、わがままみたいですけれど・・・。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。ピアスリフォーム→http://j-ihara.jp/newpage161.htm

21434ダイヤオーダーリフォーム
おはようございます。井原一成です。「今朝のおはようリフォーム」大きなダイヤモンドをオーダーリフォームさせていただきました。大きさは3ct以上!直径1センチ高さも1センチ近く指の幅が2センチなので着けると、だいたいダイヤ!みたいな大きなダイヤモンドです。このダイヤモンドの脇に0.5ctづつ合計1ctのダイヤを配置して作ります。どのようなデザインを目指すのか?使いやすく曲線がきれいな調和の取れたデザインを目指します。大阪芸大で習って憶えてる数少ないこと(笑)バナキュラーデザイン。主に建築の事を指すのですが、使いにくければデザインではない。使いやすいものは自然と美しく見える。秘密のデザイン帖をめくりめくり、デザインを組み立てます。上から見たデザインは決まってしまっているので側面から見て使いやすく美しく無駄がなく、美しい曲線を目指しました。 この指輪ですが、大きなダイヤモンドの指輪って結構嫌みに見えることが多いんですよ。でも、お客さまに着けていただくと、人柄、生き方と、すごく調和した指輪になったんです。ありがとうございます。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。ダイヤオーダーリフォーム→http://j-ihara.jp/newpage137.htm

Feb.2019
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 423 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。